azurelytone
2022-01-01 03:04
小説AZURELYTONE2-010
小説AZURELYTONE第2部011話です。 この街の世界構成が、三次元と違う事を、物語れてたらこの回は幸いです。
Words Count: 1031

その日以来、レヴィンのリハビリもかねて、

オトネは彼の散歩についていくようになった。 二人は、アールデコ調の街灯が並ぶ

並木道を歩く。

「………………」

「これ……ほんとにすごいな~」

...

- 内容はまだ続きます -
続きを読むためには 0.0000010 BTC (≈$0.0421) が必要です
また、早期に購入して頂くことで早期購入特典を受け取ることができます。 (文商の仕組み)
この記事は文商で販売されているものであり、一度支払われた金額は返金されません。購入は慎重にお願いします。
支払い済みですか?? 更新
5:0
9 購入回数, 1 リワード回数
読者コメント